ウォーターサーバーの細菌対策について

ウォーターサーバー本体やサーバーに使用する水は、メーカーが無菌状態の工場で製造していますから細菌が混入する心配はありません。
しかし、それらが一般家庭に運ばれ開封された時点で細菌の混入は免れません。
なぜなら、我々を含め周囲の空気や室内には数多くの生活細菌が浮遊しているからです。
ボトル容器やウォータパックなどの水容器を取り替える際に、空の容器を取り外した際にサーバーの取水口は空気に晒されることになりますから、いくら注意をしていても細菌は混入します。
水の注ぎ口も空気に触れているので危険です。
ですから、この環境で細菌が混入させないほうが無理なのです。
ウォーターサーバーの水は水道水のように塩素が含まれていないので、雑菌が混入しても対応ができません。
ですから、ウォーターサーバーを選ぶときには「自動メンテナンス機能付き」の機械を選択して、就寝前にメンテナンススイッチを入れたほうが安全です。