住宅ローン借り換えは手数料で見極める!

住宅ローン借り換えの流れについてまとめてみましょう。
最近の低金利で借り換えを考える人が増えていますね。
金利差で生まれる返済額の差で、手数料がカバー出来て、保険料などの経費の節約効果などを併せて判断すると良いですね。
インターネットで各金融機関のシミュレーヨンができることがほとんどですから、まずは、返済計画予定表などを確かめながら、出来るだけ正確な額を入力してみましょう。
手数料を含めても節約効果アリと判断されたら、審査申し込みをして、登記謄本等を法務局から取り寄せたり、課税決定通知書、源泉徴収票、住民票、重要事項説明書や物件購入時の契約書などを準備します。
金融機関に相談予約をして本申し込み、審査通過、一括返済の打ち合わせ、借り入れ金で一括返済で借り換え終了、借り換え先へローン返済となります。