クレジットカードなどの支払い遅延とカードローン審査の関係

年収や勤続年数に関する審査というのは基準が各貸金業者によって異なりますので、年収が低かったり勤続年数が短かったりしてもカードローン審査に通ることはあります。
ただし、今までローンを組んだり、キャッシングをしたことがある方が支払遅延をしているという経験があるとカードローン審査が通らないことがほとんどでしょう。
クレジットカードを利用してのショッピングの支払いや、住宅ローン、自動車ローンなど、どのようなものであっても借り入れをしている分の返済を遅延させてしまうことでそれが個人信用情報機関に金融事故という形で記載されてしまうのです。
各業者は新規の申し込み者の情報を個人信用情報機関に照会してチェックしますので、金融事故を起こしてしまってからしばらくの間は新規の借り入れをすることは出来ないのです。