車を買う際にお金を借りる

車を買う際にお金借りる人が案外多いです。
車は、車検証の登録がありますし、中古車市場も整備されていることから、いざとなったら売却が可能だという事もあり、お金借りることが正当化されると思われがちです。
しかし、中古車として売却する際の値段は買った際の価格に比べるとかなり値下がりしています。
車を買う際にお金借りると、大体3年から5年の返済期間になりますが、その間返済を続けても、車検を1回か2回通すと次の車を買いたくなるものです。
そうすると、借金返済のためにあまり貯金は残っていないでしょうから、結局またお金借りることになります。
こうして延々と車を買うためのローンが続いていくのです。
あまり車を買うのにお金借りるのは勧められません。