不動産売却つなぎローンの最大融資額はいくら?

不動産売却つなぎローンの融資額は、一般に300万円から10億円の範囲内で設定されていることが多いようです。
融資額が最大で10億円まで受けられるということですが、そのためには売却する不動産にそれと同等の価値があることが証明されていなければなりません。
基本的に不動産売却つなぎローンの返済期間は1年以内となっているので、実際に不動産売却をした際に得ることができた金額を融資金額の返済に当てるという形になります。
ですから、このつなぎローンは簡単に言えば金融機関から不動産を担保に前借りするようなものと言えるかもしれません。
この借り入れには利息が発生しますから、このローンを利用するのが本当にメリットがあるのかどうか、トータルで考える必要があるでしょう。