アイフルがADR申請とは

消費者金融は過払い金の請求をきっかけに事業が厳しくなりました。
今までの高金利も、法規制によって最大20%まで引き下げられました。
当然顧客から得る利益も激減し、その上過払い金の請求で莫大なお金を顧客へ返済する必要に迫られました。
消費者金融も、他の金融機関からの借入金を利用して顧客に貸し出しを行っています。
アイフルも例外ではなく、2009年に事業再生ADRを申請することになりました。
ADRとは、裁判外紛争解決手続きの略で、金融機関への債務の返済に5年間の猶予が与えられました。
アイフルは、経営の黒字のために、大規模なリストラを行いました。
また、新規顧客獲得のため、即日融資やインターネットからの申込みなど、様々な便利なサービスを行っています。
努力の甲斐もあり、他の消費者金融のように銀行に吸収されることなく、経営を続けています。